2006年02月24日

939SLI-eSATA2 Part2

M1697搭載のASRock 939SLI-eSATA2メモ書き第二弾。SW編です。

まずはBIOS
939Dual-SATA2のように起動時のBIOS表示が見えないほど爆速…ということはありません。きちんと表示が見えます。
問題はSATAの認識です。Red、Black…( ゚Д゚)!?

F2でBIOSの設定画面に入ると…
SATAのConfigにはRed,Orange,Black,Blueと表記がw
普通はSATA1,2,3,4となると思うんですがこれは一体w
SATAの設定はnon-RAID,RAID,AHCIの3種です。
とりあえずSATAをnon-RAID、メモリをDDR400、HTのLinkを1000MHz、16Bitに固定しその他いらないデバイスをDisableにして設定を保存して再起動。
939Dualから移植したシステムが起動…しませんでした。XPの旗が出ると同時ぐらいにリセットされます(´・ω・`)
SATAの設定をRAIDにして再起動するとブルーバック。どちらの設定でもSafemodeさえ立ち上がりませんでした。
もうだめぽということで修復セットアップするもブルーバックで立ち上がらない…
仕方ないのでOSを再インストールすることに。
どうせなのでAHCIモードにセットしてインストール開始。青画面でのセットアップが終了して再起動したらそこから先に進みません。アンダースコアで停止したままです。
仕方ないのでnon-RAIDに戻してセットアップをやり直したら上手く行きました。そのことをスレに書いたら、M1575で同様の症状についてのレスが帰ってきてorzに…

仕方なくnon-RAIDでXPをセットアップしてSATA2のドライバは必要なかったわけですが、OSセットアップ後にチップセットドライバをインストールしようとしたらSATA2ドライバしかなく、どうせならと思ってASRockのサイトにある最新版をぶち込んでみますた。
簡易ベンチが取れたので、認識状態と一緒にSS↓
SATA.jpg

SATA2のドライバが入ったので、今日BIOSでAHCIモードに設定変更してみたらそのまま動作したのでAHCIで使います。
AHCIでの結果↓
SATAAHCI.jpg

正直誤差範囲内かと…しかし、AHCIモードの方が若干キビキビしてるので良いです。

なお、HGSTのSATA2HDDは設定をFeatureToolで書き換えなければなりません。このマザーの場合だと、SATA2コネクタのREDかORANGEに繋いでおかないとFeatureToolがHDDを認識してくれないので注意が必要です。BIOS的にはREDがHDD 3M、ORANGEがHDD 4Mとなります。

さてまぁ、このマザーを安定して運用する時に一番に問題になるのはM1697の熱問題です。
ピン折り青笊+ZAVでSP2004、FFベンチ3、ゆめりあベンチと回してみました。
SP2004:16時間クリア
FFベンチ3:12時間クリア
ゆめりあ:12時間クリア
いずれも停止前にヒートシンクの温度は触っても熱くない40℃程度もしくはそれ以下ぐらいの温度だったので、問題はない模様。
(10時間以上回して温度が一定になってないはずが無いのでOKと思われる)

負荷試験は通るので、他のアプリも適当に回して実運用に耐えるか現在実験中。
耐えるようならOSTのコンデンサをまるごと国産に置き換えた改造仕様を製作して置き換える予定。
OST RLPをニチコンHVで置き換えるか三洋のWGで置き換えるか悩んでますがw
HVはPCI-E周りで高さが問題になるから、HVを使う場合そこだけWGあたりの背の低い物を導入しないといけませんが…WGを入れて電気的に大丈夫なのかどうか電気回路には詳しくないのでさっぱり判らない…。電源の安定化だろうからリプルは大丈夫だとは思うがESRが謎だ…

以下環境
M/B:939SLI-eSATA2
CPU:Athlon64 3500+ (Winchester)
CPUCooler:Thermalright XP-90 with ADDA 90mm 2000rpm Fan
Mem:Hynix純正 PC3200 512MBx2 3-3-3-8 1T (DualChannel)
VGA:GeForce6800GS with ZAV02-NV5 Rev.3 (GV-NX68G256D-B)
VGAドライバ:ForceWare 81.94
PCI1:Intel Pro/100S
PCI2:Canopus MTV1200FX (5.15 betadriver)
PCI3:Creative SoundBlaster Audigy2ZS
HDD:HGST HDT722525DLA380
DVD:NEC ND-3500AG Toshiba SD-M1612
電源:Seventeam KST-420BKV
OS:WinXP Pro SP2
C'n'Qは使用せず、CrystalCPUIDを使用してCPU電圧を下げて運用中。S3も動作可能。
posted by itsukami at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13726721

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。