2006年03月01日

メモリ拡張。

さて、Sanmax/Micron PC3200 1GB CL3 x2(SMD-2G48C-D-D)が届いたので1Tでの動作試験をしてみた。

Img_0965-2.jpg
↑箱

Img_0971-2.jpg
↑中身
Kingston基板(2025193-001.A00基板)の台湾製でした。ちょっと残念(?

M_img2.jpg
↑SPD
SMD-1G48C-Dでないとおかしいと思うんですがこれ…
SMD-1G48H-DってHynixじゃない…とりあえず問い合わせか?

とりあえずBIOSでメモリ周り全部Auto設定(DDR400指定)1TでMemtest。
普通に6周ノーエラーでクリア。
一応↓の設定になっているみたいなんですが、1TではWindowsが不安定。
M_img3.jpg
MA Timingを2TにするとWindowsは安定。Memtestやっぱ意味ない('A`)…
てかこの設定、Trcが12って今まで見たことないな…BIOSでTrcを11に書き換えると今度はTrfcが12とか意味不明な状態になるしなんだこれ…

1T不安定でこの症状は…かつて見覚えがある症状だなぁと思って
設定を↓のようにBIOSで書き換えてみた。
M_img4.jpg
この設定はSocket939に移行した当初に使っていたGigabtyte GA-K8NS Ultra-939+Sanmax/Hynix PC3200 512MBx2(両面)で1Tが安定していた設定とそっくりさんなわけです。
つまりこれは両面メモリで発生する症状…?しかも他に報告を聞かないからうちのWinchester3500+に特有の症状…?
これが特有かどうか判別するには他に939CPUを買って来て試す他ないわけですが、そんな資金は出ませんorz
まぁこれで安定してるしとりあえずいいか…

939Dualのいわゆる1T問題は939SLIでは発生しないことが一応うちでも確認できました。
めでたしめでたし(本当にそうか?

さて、2枚目を買ってコンデンサ交換と行きたいですが、コンデンサ何にしようか…
候補1:Sanyo WG 6.3V 1000uF
候補2:nichicon HV 6.3V 1200uF
WGはサイズもぴったりですがESR低すぎ、HVは高さが少々高いからうちの環境ではPCI-Ex16付近で激突の恐れあり。ESRは許容範囲内(?)と思われる。ただしnichiconなのが心配?
うーん…⊂(。Д。⊂⌒`つ
誰か詳しい人意見求む。

あ、追記仕様にするの忘れた。まぁいいかw
posted by itsukami at 04:09| Comment(1) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。